断酒でGO

40歳までにサブ3を目指し青森と盛岡で走ってます

仙台国際ハーフマラソン レポその6 〜ゴールまでと打ち上げ〜

あなたのジョグは僕の全力、てぃーけーです👮

 

今日は仙台国際ハーフマラソンのゴールまでと打ち上げについてレポします。

 

といっても前回までの妄想はお開きにして普通のレポです、普通に読み進めて下さい😎

 

ーーーーーーーー

15kmくらい。

ここからスライド区間や!と、まずびあーさんを探したんですが、正直全く見当もつかず見つけるの無理ゲーでした。

 

ちょびさんは水色はてTが目立ってたので割りかしすぐ発見。「ちょびさーん!ちょびさーん!」と声かけても気付かず「ちょびーー!ふぁいとーーー!」と叫びました。この辺はほぼ『ちょびの名は。』通りの展開です。運命的でした。

 

ちょびさんはびっくりした様子で「うぇあーい!」と反応してくれました、苦しそうに坂を上っている姿に元気を貰いました。

やる気!元気!いわき!

 

f:id:denshudego:20180521090534j:image

 

15km以降は失速です、心肺が苦しいわけでも脚が痛いわけでもありません。序盤から人の多さに圧倒され気持ちで負けてしまいました。無理して迷惑かけて抜かなくてもいいんじゃね?そんな事ばかり考えてました。ここは田舎育ちの田舎暮らしの弱いところです、次は全員なぎ倒す覚悟で臨みます👮

 

途中、沿道の応援で三回ほど見かけた綺麗な方がいました。以前ミヤネ屋に出てた川田裕美アナ似の女性、明らかに一般人とは思えず、TBCのアナウンサーかな?と思いました。ゴール後に調べましたが該当する方はいませんでした(サラッと言ってるけど結構キモい)

 

川田アナ、ランニングver. 

f:id:denshudego:20180521101110j:image

 

河北新報のタスキのようなものを身に付けていたので、記者さんかもしれませんね。僕に向けてではないと思うけど応援ありがとう、パワー貰いました。

 

事前にびあーさんが言っていた『本当の折り返しは思っているよりずっと先』と人生哲学めいた事前情報の甲斐もあって、延々とこない折り返しにも心折れず挑めました。

 

Macさんとアザゼルさんを探す余裕は全くありませんでした、今思うと無念。

 

とにかくキロ5:30を超えない事だけを考え念仏のように『サブ4や...サブ4や...』と唱えてました、ハーフなんですけどね。超えちゃってるし。

 

8kmあたりからずっとCブロックのピカチュウ仮装おじさんとデッドヒート。さすがのピカチュウ、沿道からの声援が凄く、ポケモンで例えたらフーディンな僕は嫉妬のサイコキネシスをピカおじさんに送っていました。

 

フーディン

f:id:denshudego:20180521100740j:image

 

そのピカおじですが、服装こそピカチュウですが体つきがガチランナーでして「走れる仮装ランナーって半端ねぇな」とイカ4へのリスペクトで高まりました。

 

終盤戦、ちょびさんも苦しんだあの坂、ちょび坂46では泣きそうになりました。脚が前に進まないのでトレランよろしく膝を手で押して根性で上りました。平坦コースいっても要所で坂はあるんですね、舐めてました。

 

競技場ではラストスパート決めるぜーと息巻いてましたが人の多さに絶句。川内優輝選手の応援も感激でしたが一瞬、M高史に似てるな!と失礼な事を思ってしまいました。

 

両手を上げながらゴルゴルゴルゴルゴォール!不完全燃焼な展開でしたが、それもまた人生〜と美空ひばりイズムでフィニッシュタオルを受け取ります。

 

バナナうまし

f:id:denshudego:20180521101005j:image

 

よき自撮り、心安らかなり...(籠池)

f:id:denshudego:20180521101025j:image

 

12:20頃ですかね、ゴールして着替えもそこそこに打ち上げ集合場所の屋台前に急いで参上。誰もいない。

 

僕は13:54仙台の新幹線で帰るファイナルミッションがあるので何としても合流しなければなりませんでした。びあーさんを見つけた時は嬉しかったです。感動の再会、まるで『びあの名は。』

 

びあーさん、MacRunさんと練習で乾杯。その後ちょびさんとアザゼルさんも合流し、仙台国際ハーフを救った光の戦士が集結。乾杯の儀を交わしました。

 

f:id:denshudego:20180521101850j:image

 

打ち上げをして感じたこと、思ったこと箇条書き

 

・びあーさんの太るから普段は飲まない発言に衝撃。その姿勢、見習います。

 

・アレだ、アレだ。と話題のマーボー焼きそば。見るからにアレだったので口にしなかったがネタとして食べておけばよかった。唐揚げご馳走さまでした。

 

Macさんが左手にガーミン、右手にApple Watchでその名の通りApple熱が凄い。

 

・ちょびさんのお土産、ままどおるに感激。訳あって福島県で山籠り(研修)をしていた時期を思い出した。

 

アザゼルさんのずんだソフトクリームが食べたかった。初対面の女性にソフト下さいなんて言えないよ、絶対。

 

・びあーさんがサンダルを履いていて「こ、これがリカバリーサンダルか」と驚愕。これはワラーチだった模様。

 

・チアリーディングの音で会話があまり聞こえなかった。チアマダムおそるべし。

 

Macさんとびあーさんが話していた謎サプリ『つらーず』に興味しんしん丸。名前と腹を壊しやすいと情報からマグネシウム主体、にがりのようなものだと推測。

 

・練習の話題になってびあーさんが「走れば伸びる、走らなければ伸びない」と核心をついていた。ランニング界のニーチェだと思った。なお記憶が定かでないのでこの発言は幻聴の可能性大。

 

・みんな朗らか、良い人たち。早く帰らなければならない自分が申し訳なく思った。

 

・これだけちょびさんを記事で弄り倒しておきながら実はちょびさんとほとんど話していない。ウォーキングデッド、岸朝子、ブッチャー、TOMSAIさんの事などたくさん話したい事があった。

 

・何を話していいか分からず頭の中がハッピーセット。言いたい事、聞きたい事、トークテーマなどフリップ書きにしたら良さそう。実際そこまでやると引かれそうなのでメモ書きでいいか。

 

・欲をいえばもっとギャンギャンに冷えたビールが飲みたかった。預かり袋に入るサイズの小型発泡スチロールBOXに氷とビールを入れガムテで密閉して持ち込めば幸せになれそう。もしくはちょびさんにヒャダルコを覚えてもらおう。

 

光の戦士たち

f:id:denshudego:20180521110210j:image

(撮影はMacスポーツ、加工はフォト・アザゼル。話題のマーボー焼きそばも一緒。)

 

宴もタケカワユキヒデ。新幹線の時間も迫り『駅はどっちの方角ですか?』と犬みたいな質問をして光の戦士たちとお別れ。

 

それではナイスラン!訳の分からない挨拶をし、帰巣本能で仙台駅を目指す。右足指にマメができていて歩くのが困難で時間もギリだった。途中、新寺通りでスピる。

 

はてブロランナーと会えたこと、不完全燃焼ながら大会でのハーフPB(1:55:18)が出せたことに感極まる。マラソンってエクスタしい!と駅までエモーショナル小走り、マメが痛い。

 

駅到着。ご機嫌とりに冷凍の伊達の牛タンの家で焼いて食べるやーつ(2500円くらい)を奮発。ニューデイズでアイスコーヒーの大を買い、はやぶさにライドオン。ミッションコンプリート、新青森まで失神。

 

また来るぜ仙台。アイルビーバック。

 

・帰宅後の流れ

 

帰宅→シャワー→用事→帰宅→金麦→焼き鳥→田酒→失神→足攣り→悶絶→失神→起床

 

 

こんな感じで濃ゆ〜い最&高な1日でした。とっ っても楽しかったです。はてブロ東北勢はじめ全世界に感謝です。また、長いレポでしたが最後までお読みくださりありがとうございました。

 

次回は仙台国際ハーフマラソンの個人的課題と反省点、そして今後の目標について述べたいと思います。ってオイ、まだ引っ張るんかーい!

 

レポ引っ張るんかい!引っ張らんのかい!引っ張るんかい!引っ張らんのかい!

 

・・・・・

 

レポ引っ張るんかーーーーい! (ドリルのノリ)

 

 

というわけでお疲れ様でした、今日もご安全に👮