断酒でGO

40歳までにサブ3を目指し青森と盛岡で走ってます。練習はヤッソ800が中心です。

整形外科へGO。レントゲン結果ドン!

今日は休み。ひさびさに何にもしなくていい日なので思い切って整形外科へ。

 

念のため膝にヒビが入ってないかどうかを確かめたかったのです。ここで病院めんどくせー、と放置して実は骨折してて後遺症が残った! となるのが怖いんですよねー。あとロキソニンの湿布も欲しいし。

 

 

9:40来院。ここは土地柄お年寄りが多い、とにかく多い。よって待たされる。他に病院は山ほどあるが敢えてここの病院にしている。

 

ここの病院の先生は若い。そして明らかに何かのスポーツに精通しているだろう、身体つきが普通ではない。おそらく野球かラグビー上がりだろう。肩幅が広く柔道の雰囲気もあるが耳が餃子ではなかった。まあとにかくスポーティ系爽やかイケメンである。

 

 

 

整形外科といっても田舎ではほとんどがスポーツとは無縁のお爺ちゃん先生なので、こういう若い先生は貴重だ。やはりスポーツをやる身としてはスポーツマンに診てもらいたい、1時間近く待たされるのも苦痛ではない。いや正直苦痛だけど。

 

 

来院から30分ほどツムツムで時間を潰し、いよいよ若先生の問診。

 

「ふむふむ、ランニング中の転倒ですかー。4/2からだと結構長引いてますねー。まずレントゲン撮りましょう」

 

と、あっさりとした対応。うん、スピーディで良いね。その後15分ほど待たされレントゲン室へ。

 

膝のレントゲンなんて初めてだ。そしてまさかズボンを脱ぐだなんて思ってなかった。ユニクロの安いパンツで何だか恥ずかしいかったが、放射線技師さんは何とも思ってないだろう。もし今後またレントゲンの機会があればもう少しマシなパンツを履こうと思った。

 

 

普通に真正面から一枚パチリ。次はイヤミのシェーの横バージョンみたいなポーズでパチリ。あり得ないポーズだった、膝がめっちゃ痛かった。

 

 

さていよいよお待ちかね、若先生の診察だ。

 

 

「どうですか?」

 

「良かったですねー、大丈夫です。ヒビや骨折はないです。ただ骨膜の炎症が酷いですねー。炎症止めの薬と湿布を処方しますねー。あとレーザー治療しますか?経験上やると少し炎症が良くなる事が多いのでお勧めしてまーす。」

 

 

「あーよかったー。じゃレーザー治療もお願いします。ありがとうごじゃじゃーす(噛んだ)」

 

 

レントゲン写真ドン

f:id:denshudego:20180411105050j:image

 

膝ってこうなってるんだー、すげー!(小学生並みの感想)

 

これは横からなんでシェーの時の画像ですね。

 

 

 

そして再び待合室で待たされたのでツムツムタイム。俺のジェダイルークが火を噴くぜー!(ズババババ)

 

 

そして待つ事15分、いよいよ謎のレーザー治療へ。レーザーか、良い響きだ! オラワクワクしてきたぞー!

 

 

 

膝に謎レーザーを浴びる36歳会社員の図

f:id:denshudego:20180411110131j:image

 

なーんかチリチリしました。見た目より全然熱くなくて優しいレーザーでした。5分間のチリチリタイム、なかなか気持ち良かったです。

 

 

ピピピーッとブザーが鳴りチリチリタイム終了。立ち上がってみるとアラ不思議!膝の痛みがなくなって。。。なんて事はなく普通に痛い。ただなんとなーく痛みが和らいだような、プラシーボかもしれないが少しは効果があったのかも。

 

お会計。1週間くらい様子見てまだ痛かったらまたレーザー受けに来てね、との事だった。

 

隣の薬局で飲み薬と湿布をもらう。対応してくれた薬剤師さんが可愛くて失神するかと思った。また怪我したらここの薬局に来よう。

 

 

そんなこんなでどうやら私の膝は大丈夫なようです。まだ炎症が引かないのでランニングはもう少しお預けですが、仙台国際ハーフも無事に出れそうです。あと1カ月あるのでしっかりトレーニング頑張ります。

 

 

ちなみに筋トレは昨日の斜め懸垂で上腕三頭筋と背筋が酷い筋肉痛なので今日は筋オフです。おそるべし、斜め懸垂。

 

 

懸垂王への道は遠い。