断酒でGO

40歳までにサブ3を目指し青森と盛岡で走ってます。練習はヤッソ800が中心です。

2017弘前白神アップルマラソンその③完

アップルマラソンから3日経過。

 

まだまだ下半身が痛い。疲労抜きジョグだなんてもっての他。根性走りの副作用ですね、ちょっと後悔。

 

私のシーズンは終わったので良いですが、どうぞ皆様無理はなされぬよう。。。

 

というわけで、ゴール後やざっくりとした感想です!


〜〜〜〜ゴール〜〜〜〜


全てを出し切った男、TK。
(但しタイムはギリギリサブ4.5)

 

スタッフからおめでとうのリンゴ🍎を貰い近くのベンチに座り込む。

 

さながら真っ白に燃え尽きた力石徹*1完走証を貰いに行く足がない。


だが気持ちは最高潮、込み上げるパッションを伝えるべく妻に電話。

 

「おー思ったより早かったじゃん、完走したの?」


「完走したよ! やった...!やりきったんだ..!!自分に勝った....!」

(まだ鏑木毅モードが抜けてない)


「うんうん良かった良かった、アツいねー。そんで、迎えの件だけど面倒いから電車で帰ってきて」

 

「最後まで歩かなかった...、本当の意味での完走だ...!出し尽くした...」

 

「お風呂沸かしとくからねー、じゃねー」

 

プープープー


よし、完走証貰いに行くか。。。


手馴れたスタッフから完走証を受け取り、りんごを乗せパシャリ。


そして自撮り。完走後のゲッソリ顔を妻や友人にLINEする。これがなかなか笑ってもらえるので、マラソン後は毎回恒例なのだ。


荷物を貰い、着替える。左のふくらはぎが再び攣る。痛い。現在13:40、お楽しみ抽選会の14時まで時間があるので、それはもうゆっくり着替える。


ノースリが塩まみれ。うぉオン、俺はまるで人間塩田だ。

 

そして14時に。会場の前で座ってリラックス。


吉田香織さんと打越コーチ〜

 

f:id:denshudego:20171004192716j:image

 

愛嬌があってかわいい。そのうえ速いだなんて鬼に金棒。天が二物を与えた一例ですね。


「2時間40分で走りたかったんですけど、50分かかりましたー。暑かったんで給水で止まって飲んじゃいましたー(てへぺろ


かわいい。もうずっと応援しよう。ってかゲストランナーで女性で2時間50分台って凄くないか。 最高気温25度くらいだったし。トップクラスは違うなー。

 


こんな田舎の大会を盛り上げてくれて感謝です。ハイタッチありがとうございました。

 


また機会があったら来て下さい。何年でも待ちます。

 

(これは後日談ですが、吉田香織さんのブログを拝見しました。前夜祭でかな?豊盃を飲まれていたようです。美味しいですよねー。)


多幸感に包まれながら、抽選会スタート。

 

NAHAマラソンが2名。当たったらどうしよう?とかワクワクしてたけど、そりゃ当たんないよね。たしか1人、現れないで次の人に権利移ってたけどもったいないなー。


かおりん充したんで帰るかー、と思ってると次はシューズとの事。

「ゼッケン◯◯番の方、いらっしゃいますかー?」


聞き覚えのある二桁ナンバー。嘘だろ、と思い、袋にしまったゼッケンを確認。


「いらっしゃいませんかー?」


「あ、はいはい、自分っす。」


おおー、と軽くどよめく会場。周りの見知らぬ人が、やったねと言ってくれてる。軽く礼を言い、壇上へと向かう。


足が痛い。階段が辛い。そもそも人前とか辛い。あと、こんな事になるなんて想像だにしてないんで服装が酷い。

 


【てぃーけー氏の装備】
・ジーユーの無地グレーTシャツ
・黒の無地スウェットパンツ
・偽クロックスのサンダル
・サンバイザーでクセのついたボサボサ頭

 

どうみても風呂上がりです本当にありがとうございました。


「おめでとうございます!それでは今後の意気込みをどうぞ!」


司会のお姉さんからマイクを渡される。


おいおい、なんだいその拷問は?場違いの風呂上がり兄ちゃんにそこまで求めるのかい?


やれやれ、かおりんも見てるし人肌脱いでやるか。


「これ履いて来年も頑張りまーす(小声)」


もう無理。これが限界。でもちょっと会場も沸いたので良かった。最低限の役目は果たせたな。

 

(なおこの一部始終は同じはてブロの、すとんさんが目撃されていた模様。ワァ恥ずかしい!)


かおりんと目が合う。あ、ども、と軽く会釈。


かわいい。


できる事なら握手くらいして貰えばよかった。シャイな津軽*2にそんなお願いは無理だ。


足を攣りながら走る鬼メンタルはあっても、そっちのメンタルは持ち合わせていない。来世に期待しよう。


貰ったのはコチラ、ライトレーサーRS!

 

f:id:denshudego:20171004192807j:image


せっかくなので普段は絶対選ばないであろうオレンジをチョイス。アップルマラソンフルは参加費4500円なので余裕で元とってる。

 


荷物を持ってよっしゃ帰るかー、とコソコソと移動していると、そこに上品な小柄マダムが。


「あらーお兄さん、シューズ貰ったのねー。よかったわねー」


おいおい、追い打ちですか。ちょっと、周りの人も見てるんですけど。


「あー、そうなんですー。まさかねー、ラッキーでしたー。」


「うんうんー、よかったわねー。マラソン走ってねー、シューズも貰ってねー。今日はいい日だわねー」


あ。これエンドレスなやつだ。あかんタイプの人や。


「うんうんー、その靴ってお幾らくらいす...」


「それじゃすいません、失礼します〜〜(ニッコリ」


そそくさと会場を後にする。小柄マダムよ、すまない。早く帰って風呂に入りたいんだ。


シャトルバス乗り場に向かうと、駅までのバスは15時発車との事。あと40分ある。

1番早い電車まであと30分。歩けない事はないので駅まで歩く事に。


弘前の街並みは見慣れているが、こうして1人で歩くのも新鮮。レトロモダンなエリアが多い。それと喫茶店が多いイメージ。写真撮ればよかった。


そうこうして弘前駅到着。

 

f:id:denshudego:20171004192920j:image


ありがとう、また来るよ。


帰宅。即。ノンアル。

 

 f:id:denshudego:20171004193725j:image


余談だが、これはドイツのヴェリタスブロイ。日本のノンアルと違い、ビールからアルコールを抜いたもので、私の中でこれがNO.1ノンアル。カルディで売ってるので興味も持った方は是非試してほしい。

 

そして風呂へ。極楽極楽。


疲れた身体にムチを打ち、持ち帰りの焼き鳥屋へGO💨 *3


お家で祝杯、カンパーイ🍺

 

f:id:denshudego:20171004193424j:image

 

この瞬間を待ってた! まずはプレモル

 

ううっ・・・

 

キンキンに冷えてやがる・・

 

うますぎる・・

 

涙が出るっ・・・・

 

身体に染み込んできやがる・・・・・

 


完全とはいきませんでしたが、この日に向けて断酒をしてたので、五臓六腑に染み渡りました。

 

次は田酒。

 

おめでたい日はやっぱり田酒だね、今日は冷蔵庫で冷やしていただきました🍶


史上最高に美味い酒となりました。

 

私にとってフルで2回目、ハーフも合わせると3回目の弘前白神アップルマラソンでしたが、総括すると、ほのぼのと地元に愛されている大会といった印象です。

 

沿道の応援も暖かく、私設エイドも多い。

公設エイドも程よい間隔であり、ボランティアも親切。

 

こちら水でーす、こちらスポドリでーす。氷ありまーす。など声掛けがありがたい。ランナーの気持ちを分かってらっしゃる。

 

運営も手馴れたもので、動線もスムーズ。

 

私が感じた問題点は、ゴール手前がとにかく狭い。追い抜くのに苦労する、危ない。接触等も発生しているようで、どうにか改善してほしい。

 

そんなところかな。毎年出たいアットホームな大会です。

 

長くなりましたのでここいらで締めます。

 

 それではご唱和ください。

 
せーの!


\ アップルマラソン最高 /

 

と、いうわけでゴール後のお話でした。


雪国に住む私はこれで早くもシーズンオフ、もう来年のフルマラソンが楽しみです。


来年こそサブ4を狙いたいなぁ。

 

おわり

 

(追記)

 

これを機にブログタイトル変えましたー。

 

旧 : 田酒でGO

 

という事でよろしくですm(_ _)m

 

 

*1:よく考えたら燃え尽きたのは力石ではなくジョーでした

*2:青森県津軽地方の人

*3:青森市民は焼き鳥が大好き